2010年07月31日

味噌作りB味噌玉

P1000382.JPG

総勢20組の親子が参加。
衛生キャップをかぶって靴を洗い加工所へGO。

P1000384.JPG

一昼夜、水に浸水させ蒸しあがった大量の大豆。
蓋を開けた途端、立ち上がる湯気と甘いお豆の香り♪

P1000387.JPG

大豆は、このでっかいミンサーでミンチにします。
こちらは電動のすごいマシーンです。
でも、原理は手動と一緒みたい。

P1000386.JPG

各家族がたらいに合わせ麹と塩をもらい混ぜ合わせます。
ほんわか温かい麹ちゃん。もみくちゃにするのも楽しい。

P1000390.JPG

潰した大豆と合わせ麹をまぜまぜしています。

P1000392.JPG

手で混ぜ合わせたら、今度はもっとよく混ざる為にマシーンにかけます。

P1000395.JPG

もうほとんど完成。

P1000402.JPG

大きな樽に味噌玉を作って投げ入れます。
空気が入らないようにしっかり詰め込みます。

P1000406.JPG

各自は、大きなタッパーに3キロづつ詰めて帰りました。
かぁちゃん味噌完成品もお土産に。

P1000408.JPG

作業が終わって、お昼ごはん。

おばちゃん達がお昼ご飯を作ってくれていました。
ごま豆腐にかけた梅味噌も手作り。

写真を撮りわすれたけど手作りの「練り味噌」が本当に美味しかったぁ。

支部長の富永さんがこっそりレシピを教えて下さいました。

JA粕屋の直売所では、この「練り味噌」も今回作った「かぁちゃん味噌」も購入できます。

暑い盛りの味噌仕込み体験は、子供達にとってとーってもよい思い出になったみたい。

まるこは、「また味噌を作りに行きたい!!」と張り切っています。

出産後になるけど、「しゃべる畑」でも企画したいなぁと思います。
(助成金が降りてたらね!)









posted by Dazee♪ at 23:55| 福岡 ☀| Comment(0) | 食育・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

味噌作りA室の中で・・。

2日目は午後3時から参加。

加工所のおばちゃん達は朝も9時から麹を混ぜに来ているそう。

P1000373.JPG

15時の作業をお手伝いさせてもらいました。

お肌が綺麗になる予感をさせる香りが漂います。
室の中もそんなに暑くはないんだけどじわぁっ〜と汗が出てきます。
この麹のお風呂に入ったらお肌ぴっかぴかになるんだろうなぁ。

P1000379.JPG

次は、最終日の準備。
大豆74キロを水で洗います。それから一昼夜浸水させます。
うちで作る味噌は大豆を茹でるのだけど、今回は蒸し大豆。

水分に栄養が逃げない分相当美味しいそうです。

P1000370.JPG

これは、大豆の皮やゴミを拾っているところ。大豆は佐賀産です。

初日は、なんとなく暗い加工所に入りきらなかったまるこも2日目は参戦。

とっても楽しんでいました。

加工所ほしい♪

1日目も2日目も作業が終わった後は、みんなでお茶をしました。
夏みかんや農家さんの畑で採れたトマトに番茶・・・。

あぁぁ。いいなぁ。こんなの。
女性部に入っちゃいたくなりました。
posted by Dazee♪ at 23:56| 福岡 ☁| Comment(0) | 食育・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

味噌作り@はじめまして麹菌♪

JA粕屋女性部の手作り味噌「かあちゃん味噌」。

今回、親子味噌作り体験に。

全3日間の工程に私達親子3人で参加。

大豆を茹でて、潰して、塩止麹と混ぜ混ぜして、詰める。

という作業の手作り味噌は仲間と集まりずっと作って来ていました。

それでいつかは、麹を米麦に仕込む所をやってみたいと思っていました。

昨年、帰農塾でお世話になったJA粕屋の緒方さんにずっとラブコールをしていたら

やっと念願叶いました〜!!

場所は、新宮にある加工所。築うん十年の元農事事務所を改造した古い建物。

P1000413.JPG

中はエアコンつかないんだけどひんやり涼しいんです。

P1000355.JPG

お米と麦をこの大きな蒸し器で蒸しあげた所です。

この蒸し器でお赤飯200キロは出来るそう。すごい大きい!!

P1000360.JPG

蒸しあがった米と麦は速やかに殺菌した木綿布に広げしゃもじで切るように表面の荒熱を取る。
それから手でかたまりをほぐして麹が混ざりやすくします。

水で炊いたご飯とは違って固め。でもいいにおいが漂って・・・。
誰かさんはお口にパクリ!!してました。

P1000361.JPG

このお碗に入っているのがたねこうじ。
蒸し米が35〜38℃になったら種麹をいれ均一になるようにもみこむ。


P1000363.JPG

室(ムロ)に移し、子供に布団を掛けるように筵をかぶせ優しく包みます。

39℃で菌を培養。

これで1日目の工程は終わり〜。

2日目は、午前9時、午後3時、午後8時と3回室に入り米粒をばらします。




posted by Dazee♪ at 23:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 食育・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

大森先生の勉強会とハチミツパフェ

今日は、月1回の濃い勉強会でした。
毎回、誰かの家に集まり大森英櫻先生のDVD勉強会。

今回3回目は望診法の基礎でした。
頭の形、耳の形や、鼻の形、目玉の位置や色・・・・。

いろいろな体のパーツに私達の食べてきたものの影響が出ている。

豚肉が好きな人は、鼻が豚みたいになり、動物性食品を過食している人は
耳が動物の耳に似てくる。(佐藤愛子の耳が可愛いと思ってたけど、こういう見方をすると面白い。)
あと、耳たぶのすーっとなっている人は短命が多いとか、いろいろお話されていました。

家の実家の母は山口の漁師町出身で先祖代々魚を常食してきました。
だからうちの家系はみんなエラが張ってるんだなぁとか・・・・・。

途中、眠たくなるけど結構面白い。

さて、私も勉強会に参加してるけど一番のお目当ては持ち寄りランチです。

主催者のhanaさんもマクロビの先生、メンバーもそれぞれ料理の先生やビワの会で勉強されている。
だから毎回楽しみなのです。本日は、どんなベジご飯が!!

P1000351.JPG

・玉葱のキャラメル風仕立てスープ
・おじゃがのコロッケ
・カボチャのパンケーキ(トマトソース添え)
・空芯菜のヌクマム炒め(楠本野菜です。)
・おくらとモロヘイヤの白和え(楠本野菜です。)

デザート
・ひまわりの種とココアのスコーン
・きなこババロア

P1000352.JPG

帰り道、ハチミツボタン夫妻に会いたくなってふらっと・・・・。

ハチミツボタンパフェを頂きました〜♪

プチパフェかミニパフェか?でたかちゃんと小学生が議論してた。

うける〜猫

どっちでもいいよぉ〜。美味しいんだもん喫茶店

子供達はプチパフェ。「プチパフェ」は、250円です。

プチだけど色々入って贅沢なパフェ。

オススメです。
posted by Dazee♪ at 23:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 食育・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

やさしいやさい販売@家鴨軒


昨日は、なんと家鴨軒4周年記念日だったそう!

おめでとうございますぅ黒ハート

なんとマヤ暦の「時間を外した日」ではないですか!!

めでたい。こんな日をオープンに選ぶなんてすごいなぁ。家鴨長プレゼント

P1000350.JPG

今日は、お野菜販売の後まったりカフェしました。

ふわふわミルク抹茶と夏はレアチーズケーキです。おいしかったぁ。

さてさて、お野菜販売の件。

先週水曜日、家鴨軒が仕込みで忙しい日に・・・・。

駐車場で田川郡赤村の有機農家 ファーミング楠本さんのお野菜を販売させてもらいました。

そして、毎週月曜日15時〜16時 での販売が決定。 楠本さんの気まぐれブログ 

家鴨長さん、アヒルレディ1号、2号さんありがとうございま〜す。

私も、毎週旬の美味しい野菜が買えるようになるので嬉しいです♪家鴨にもいけるし!

今日も、買いに来てくださったみなさん。そして家鴨軒のお客さんもありがとうございました。

楠本さんご夫妻は、「九州のムラへ行こう」VOL9で取材をさせてもらいました。

神戸から昨年移住して来られ、古野農場で1年間の研修を終え、4月から本格的に農業を始めました。

2人ともとっても明るくって元気で前向き。なんだか応援したくなっちゃう。

こんな人達が作る野菜はきっと美味しいんだろうなぁ〜って楽しみにしていました。

先週のプチトマトと茄子もプリプリ。エゴマの葉も無農薬だから生でぱりぱり(醤油漬けにしておにぎりが絶品!)

まさに食卓の向こう側が見えるこの野菜販売。

楠本さんにとっても消費者の感想や反応を直に聞け、理想の形に近づいたんじゃないかな?

野菜の種類は季節や天候などによって変わりますが、今週は エゴマの葉、絶対辛くないししとう、

空芯菜、モロヘイヤ、つるむらさき、かぼちゃ、キタアカリ、玉葱、オクラ、いんげん・・・。でした。

よかったら見に来てくださいね。

一つだけお願いが・・・。

家鴨軒となりのセブンイレブンさんの駐車場にはくれぐれも停めないようにお願いします。






posted by Dazee♪ at 23:26| 福岡 ☁| Comment(5) | cafe・shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

ハチミツボタンライブ@時間を外した日

P1000335.JPG

今日は、マヤ暦では「時間を外した日」でした。

7月26日から始まるこの暦は、ひと月28日が13回。

別名13の月の暦ともいいます。

何やら宇宙と繋がる日だと、海外では音楽のイベントも沢山企画されているとか。

こんな良き日にハチミツボタンでボサノバライブがありました。

本当は、昼間はスタバ勤務で夜はぐったり・・な一日の予定だったけど

なぜか旦那くんのご機嫌もよく、お邪魔することができました。

P1000336.JPG

日替わりお子様メニューです。ピリから手羽中の唐揚げと魚介のグラタン。

グラタンはパプリカがお皿です。

P1000339.JPG

私は、お茄子な気分♪茄子のカレーを作ってもらいました。

P1000344.JPG

卵形の小さなマラカスを渡された子供達は大騒ぎ。

P1000346.JPG

ボサノバは、優しいポルトガル語で語りかけるような歌や曲が多くて
とても心地いいです。

P1000349.JPG

そんな素敵な夜を過ごせて、みんなに感謝です。
posted by Dazee♪ at 23:24| 福岡 ☁| Comment(3) | cafe・shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

飯塚デート

P1000302.JPG

か、かわいい〜!かわい過ぎる♪

今日は、Ayuちゃんと飯塚へ〜。無理を言って桂川町の古野さん所に寄ってもらいました。

3ヶ月ぶりの古野農場は、すっかり田植えも終わりもう夏だぁという感じでした。

クワクワッってっ小さな鳴声が田んぼでがんばって働いていました。

こんな小さいのにちゃんと草を食べたり虫を食べたり。偉いなぁ〜。

ずーっと見てても飽きない。私が見たのは、練習場で練習中の赤ちゃん鴨。

子供達は、連れて帰りたいと・・・・。その気持ちよく分かるくらい可愛いです。

P1000300.JPG

稲と一緒に成長して行くのだなぁ。
しかし大きくなると食べられてしまうのかぁ・・。

P1000305.JPG

それからAyuちゃんお目当ての「からすのほんや」さんへ。

P1000306.JPG

民家を再利用して作られた本屋さん。奥には木のおもちゃなんかのフリースペースが。

懐かしい絵本が沢山置いてありました。いろいろイベントもされてるみたいです。

P1000309.JPG

そして、ランチは 宮ノ上げんき さんへ。

このカメのステンドグラス素敵〜!げんきさ〜んこれ、欲しいなぁ♪

P1000308.JPG

秘伝!手作りのソーセージが入ったホットドック。柚子胡椒をつけていただくのがすごい良かった。

ソーセージもパンも優しいお味です。

P1000307.JPG

んで、ピンボケやけど・・・。ベーコンとバジルのパスタ。

やっぱぁ〜。げんきさんいいわぁ。ずーっと居たくなる居心地の良さはげんきさんの人柄かな?

P1000310.JPG

そして今日の一番のお目当て。

北米ネィティブのポールワグナーさんのコンサートに、飯塚つどいの広場へ。

P1000312.JPG

鹿の皮で出来た太鼓や木でできたフルートを演奏しながら昔から伝わるお話をしてくださいました。

目を閉じるとまるで深い森の中にいるようなそんな心地よさ。

お腹の赤ちゃんも気持ちよいのかトーントーンと蹴っていました。

こんな素敵なイベントを企画されたのはマヤ暦のKOKOA 先生。

KOKOA先生は3年前にポールさんのいらっしゃるレッドシダーサークルに1週間滞在されました。

随分前だけど大学生の時、ネィティブアメリカンの本を読んだことがあります。

今日実際にストリーテーリングを聞きポールさんやうーたんさんのお話を聞いてストンと胸に落ちました。

我が家のトイレに貼ってある詩があります。
Harukaちゃんがプレゼントしてくれた物は、もっと詩的なんだけどネットで原文に近いものを見つけたの転載します。

こんな考え方をみーんながしたらどんな世界がやってくるだろう。


ー インディアンの酋長・シアトルが、1800年に種族の土地買入れを
  申し入れた政府に対する返事の手紙 −


ワシントンにいる大統領は、私たちの土地を買いたいとの手紙を送って
きた。だが、空がどのように売り買いできるのだろうか?土地を買う?
この考えは、私たちにはとても奇妙だ。空気の清々しさや水のほとばしりを
私たちは所有していないのに、どうしてそうしたものを売り買いできるの
だろうか?
 この地球のどの部分も、私たちにとって神聖なものである。輝く松葉一本
一本が、砂浜が、深い森の霧が、草原が、羽音をたてている虫たちが.....。
すべてが私の種族の体験と記憶の中で神聖なのである。
 私たちは、静脈に流れている血液を知っているように、木に樹液が流れて
いることを知っている。私たちは地球の一部で、地球は私たちの一部
なのだ。香る花たちは私たちの姉妹であり、熊や鹿や大鷲たちは兄弟だ。
ロッキーの谷、牧草地のミルク、ポニーの体温、そして人間、みな同じ家族
である。
 暖流や川を流れる輝く水は、ただの水ではなく、私たちの先祖の血で
ある。もし、私たちがあなたがたに土地を売るとしたら、それが神聖なもの
であることを、あなたがたは忘れてはならない。湖の澄みきった水の反射
一つひとつが、あなたがたに私たちの生活の記憶や出来事を語る。水の
つぶやきは、私たちの曽祖父の声なのだ。
 川は私たちの兄弟である。私たちの渇きを癒してくれる。カヌーを運び、
子供たちを育ててくれる。だから、あなたがたは兄弟に対する親切さを
川に与えなくてはならない。
 もし私たちが土地を売ったら、空気が私たちにとって貴重であることを
忘れてはならない。空気はすべての生命を支え、すべての生命とその
精神を分け合っている。風は私たちの祖先に最初の息を与え、そして
最後の息をひきとった。風はまた、私たちの子供たちに生命の息吹を
与えているのだ。だから、もし私たちが私たちの土地を売ったら、あなた
がたはその土地を、いつでもそこへ行けば牧草地の花の甘い香りを
運ぶ風が味わえる場所として、別にして神聖にとっておかなければ
ならない。
 あなたがたは、あなたがたの子供たちに、私たちが子供たちに教えて
きたように教えますか?大地は私たちの母である、大地に生じるもの
すべてが、大地の息子たちであると。
 私たちは知っている。大地が人間に属するのではなく、人が大地に
属するのだということを。すべてのことは、血液のように私たちを一つに
しているのだ。人は生命の布を織らなかった。人はただ、その中の
一本の糸にすぎない。
 私たちは知っている。私たちの神は、あなたがたの神でもあることを。
大地は人にとって尊いものであり、大地を傷つけることは、創造主への
大いなる侮辱である。
 あなたがたの運命は、私たちにとって謎である。バッファローが、
すべて虐殺されたらどうなるのか?野生馬が家畜化されたら?森の
中の神聖な場が、たくさんの人間の臭いで充満したら、昔からの山々の
景色が電話の線で汚されたら、いったいどうなるのか?
 木の茂みはどこにあるのか?今はなくなった!鷲はどこにいるのか?
もう見えない!元気なポニーと狩りに別れを告げるものは何か?生存の
終わりと残存の始まりである。
 最後のインディアンが原野と記憶とともに消えたとき、プレイリーを
横切っていくのは雲の影だけ。そんな砂浜や森が、そのときまだここに
あるだろうか?私たちの精神は、まだ残されているだろうか?
 私たちはこの大地を、生まれたての赤ん坊が母親の心臓の鼓動を
愛するように、愛している。だから、もし私たちが私たちの土地を売ったら、
私たちが愛したように愛してください。私たちが気にかけたように、
気にかけてください。あなたが受け取った、そのときのままの土地の
記憶をずっととどめていてください。子供たちのためにその土地を保存し、
愛してください。神が私たちすべてを愛するように。
 私たちは土地の部分であり、あなたがたも土地の部分である。この
土地は、私たちにとって尊い。あなたがたにとっても尊いものだ。
私たちが知っていることは一つ、 − 神は一人しかいないということだ。
インディアンであろうと白人であろうと、人間は引き離すことはできない。
私たちは結局は兄弟なのである。

邦題:『自分の中に奇跡を起こす!』訳:渡部昇一 氏

今日も素敵な一日をありがとう。

posted by Dazee♪ at 23:55| 福岡 ☀| Comment(10) | 土いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。