2012年04月17日

月曜の学舎 参加しませんか? 第12回 Terra小屋 『いのちの学校(仮)』



こんにちわ。
おひざじぶりのブログの更新です。

バンビでのmico cafe のことや、重ね煮サークルのこと、
ホメオパシーのこと・・・・・。

シェアしたいことは沢山たくさ〜ん!!

まずはお誘いです。

渡辺通りにある オーガニックカフェ Terra小屋

で毎週月曜日に脱原発をテーマに勉強会を開催しています。

次回は、23日 14時〜です。

ベジ向けのメニューや子連れ用のスペースもありみんなに優しいカフェ。

私は、月曜 子供の習い事がありあまり参加できていないのですがオススメです。

毎回、色々な参加者との出会いも楽しみです。予約はいりません。

12回目の報告をふじいもんがまとめてくれたのでこちらに転載します。

デビット・スズキさんの

「今の発想は環境(生物圏)と社会と経済が同じ大きさで、
その重なり合ってる部分だけに注意が払われているが、

本来環境の中に社会があり、社会の中に経済がある。
経済とは小さな一部分に過ぎず、環境はすべてを包括している。

その発想に戻らなければいけない。」
私は、この言葉がとても印象に残りました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





第12回 Terra小屋 『いのちの学校()』のご報告







 「オーガニックカフェ Terra小屋(テラコヤ)」では、毎週月曜日の14時〜、
脱原発をテーマにした勉強会を開催しています。


 勉強会には、若いお母さんや、東北関東から避難してきた方や、アーティストや、
ヨガインストラクターや整体師や、市民活動家など、


毎回多様な方が集まり、いろんなことを語り合いながら本質的な脱原発に向けて学びを深めています。





 
以下、4/2に開催した勉強会のご報告です。







○発起人中村隆市さんの関東・東北訪問の報告





 まず始めに、勉強会の発起人である中村隆市さんより、関東・東北訪問の報告がありました。

(詳細は↓の中村さんのブログで報告されていますのでそちらをご欄ください。

 http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-9517





 報告の中で、「NPO法人チェルノブイリへのかけはし」代表の野呂美加さんのインタビュー記事を紹介されたのですが、



以下はその記事を読んだ参加者の方からの感想です。



(インタビュー記事の全文は上記の中村さんのブログに掲載されています。)





「いろいろと不安を抱えながらも「その土地を離れられない」人や「やっぱりこの土地で生きていく!」と決断した人たちのことが気になっていました。

 その人達の判断が正しいかどうかの結論を押し付けるのではなく、

少なくとも、私には想像できないほどの複雑な思いをいっぱいいっぱいに抱えながらも生きていこうとしていることに対して、少しでも寄り添えることができないかと思っています。

 そういう意味でも、「保養」という選択肢は、とても意味が大きいのかもしれませんね。



 私は、特に、子どもたちの心のケアに関心を寄せていて、野呂さんが話されていることには、とても共感します。



>「精神的健康」というのは、「気にしない」ということではなく、「気にして いる」自分

>を認めて前に進むことが前提です。



 もちろん、これは、子どもだけでなく、母親にも必要なことだと思います。

 そして、そんな心のケアに関しては、「アート」の役割の大きさを感じています。



 DAYS JAPANでも沖縄(久米島)に保養地をつくる計画がありますね。

http://daysjapanblog.seesaa.net/article/254965444.html




 ぜひ応援したいです。」





○アウトプットの大切さ





 これからは勉強会で学んだことをアウトプットしていくことを大切にしていこう、と話し合い、

今回から学んだことを参加者の感想も交えながら発信していきます。



 

○カラー図解「ストップ原発」を広めよう!





 中村さんから先日発売された「カラー図解 ストップ原発C 原発と私たちの選択」(大月書店)

が紹介され、みんなで回し読みをしたのですが、



とてもわかりやすい本なのでこれを全国の図書館や学校に置いてもらうよう呼びかけていこう、ということになりました。

 それを進めるためのファンドをつくるという案や、これを教材にした出前授業を開催しようという案も出ています。





 以下、参加者の方からの感想です。





「きのうのMTGから浮かんだことを書いてみます。

 娘が2001年から4年にかけて「未来への手紙」という名のニューズレターを創っていました。

 その名をパクッって「未来への図書ファンド」などいかがでしょう?

 なるべく小額をみんなで集めてストップ原発絵本を図書館寄贈したいです。

 未来への図書基金orパンドラ基金を創って迷子になっているウランちゃんやケミカル君、電磁波丸、nanoちん達をお家(パンドラの箱)に帰すべく「予防原則キャンペーン」も同時進行できないでしょうか。」





「『ストップ原発』の本はイラストや写真が多く、いろんな人に読みやすくていいですね。

 新聞の報道を信用している、年配の方にもぜひ読んでほしいです。」







○環境と社会と経済の関係性について





 中村さんが今回東京でデビット・スズキ氏に会い、氏から聞いた、

「今の発想は環境(生物圏)と社会と経済が同じ大きさで、その重なり合ってる部分だけに注意が払われているが、

本来環境の中に社会があり、社会の中に経済がある。経済とは小さな一部分に過ぎず、環境はすべてを包括している。

 その発想に戻らなければいけない。」



という話をみんなにシェアしてくれました。





(デビット・スズキ  http://www.yukkurido.com/ds/profile.html





 以下、それに関する参加者の方の感想です。





「中村さんからお話があった、デヴィッド・スズキの自然とのバランス図のメモとても印象に残っています。

 自然と共生を考える時、我々は自然に包括されている存在である認識を強くもたなければならないと思います。



 先日NHKで、「3.11後を生きる君たちへ〜東浩紀
梅原猛に会いにいく〜」を見ました。


 梅原猛とは、日本の哲学者で、東日本大震災復興構想会議に特別顧問(名誉議長)として出席されていた方で、

「今回の震災は、天災であるが、人災でもある。しかしこれは、文明災であると思います。いま、文明について見直しを迫られている。」と語られていました。

 また、番組の中でこれから生きていく重要なキーワードに、「草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)」とおっしゃっていました。

 これは誤解を恐れずにいうと、植物や鉱物、自然現象などすべてのものにココロがあるという仏教の思想です。

 もうひとつ、「永劫回帰」ともおっしゃっていました。

 アイヌのイオマンテという儀式にその思想が見られるそうです。& amp; amp; lt;
/DIV>



 文明はこの二つの思想に帰らなければならないと梅原猛は言っています。



 東浩紀が、「自然の猛威をどうコントロールするべきですか?」と梅原猛に質問すると、

「自然は2面性を持っている。慈母と暴君。」と回答をしていました。

 デヴィッド・スズキのメモと、梅原猛の草木国土悉皆成仏の思想は、同じ事を言っているのだと思います。



 最後に、世阿弥の能に「白楽天」という演目があります。

 唐から日本を偵察するために博多に来た白楽天と、住吉明神が化した老漁夫が唐詩と和歌の優劣を競い合います。

 白楽天が、中国の詩の素晴らしさを語ると、住吉明神は「日本の和歌は生きとし生ける物すべてが歌を詠む。」といい、白楽天は降参して中国に帰るという話です。

 古今和歌集の序文にこのような言葉があるのです。「生きとし生きるもの、いずれか歌を詠まざりける。」」





以上、第12回 Terra小屋「いのちの学校(仮)」のご報告でした。





「オーガニックカフェ Terra小屋(テラコヤ)」では毎週月曜日に脱原発やいのちをテーマにした勉強会を開催しています。

 よろしければぜひ一度ご参加ください。





(文責:Terra小屋「いのちの学校(仮)」編集メンバー ふじいもん)



posted by Dazee♪ at 13:27| 福岡 ☁| Comment(0) | スロービジネススクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

いのちの映画祭


小さな映画館ムーブメント。

昨年、スロービジネススクールで開催していくと聞いたときワクワクしました。

まさに私がやりたいこと。

小さなカフェに人が集まって一緒に映画を見てその映画について語り合ったり
思いをシェアしたり・・・。

私には場所がないけれど、それは我が家のリビングでも良い。

友達2、3人と小さな小さな上映会を開く・・・。

伝えたい人に映画と空間とおしゃべりで伝えていく。小さな小さなムーブメント。

いよいよ始動する模様です。

そんな時期がやってきました。

放射性廃棄物についてのドキュメンタリー映画の紹介です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

『いのちの映画祭』プレ上映会のお知らせ

 

 来年1月〜3月にいのちをテーマにした映画祭『いのちの映画祭』を企画しています。

 映画の上映会を通して地域の人たちとつながり直し、いのちを大切にする文化を育ん
 でいきたいと思っています。

 

 映画祭にさきがけ9/18、19に福岡にてプレ上映会を開催します。

 

 ひとつ目の作品は、原発から生まれる放射性廃棄物の危険について描いたドキュメンタリー映画
100,000年後の安全』を上映します。

 

 ふたつ目の作品は27年間原発建設に反対してきた祝島の人たちの暮らしと、スウェーデンの自然
エネルギーの取り組みを描いた『ぶんぶん通信no.1』を上映します。

 

 そして2つの作品の間には、長年脱原発に取り組んできた社会企業家であり、いのちの映画祭の発起人でもある中村隆市のトークもございます。

 

 ぜひこの機会に足をお運びください。

 

 たくさんのご来場お待ちしています。

  

日時:9月18日(日)  13:00〜16:30

     9月19日(月祝) 10:30〜14:20

 

場所:福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」 4階 ホール

    (住所) 福岡市南区高宮3-3-1

    (アクセス) 西鉄天神大牟田線「高宮駅」西口すぐ

    (電話) 092-526-3755   

 

料金 : 一日券  予約  1600円  当日 2000円

     「100,000年後の安全」のみ  予約  1200円  当日  1500円

     「ぶんぶん通信no.1」のみ  予約  600円  当日  800円

 

プログラム:

 

   18日  12:30    開場

        13:00〜  「100,000年後の安全」上映

        14:30〜  中村隆市トーク

        15:20〜  「ぶんぶん通信no.1」上映

 

   19日  10:00    開場

        10:30〜  「100,000年後の安全」上映

                (休憩)

        12:20〜  中村隆市トーク

        13:10〜  「ぶんぶん通信no.1」上映

 

予約・お問い合わせ : 093−202−0081(ウィンドファーム)

              fujiimon9yahoo.co.jp(藤井)

              ↑☆を@に変えてお送りください。

 

メールでご予約の際は以下のフォームでお送りください。

------------------

件名 「いのちの映画祭」プレ上映会申込み

お名前

ご連絡先

来場日

チケット枚数

観覧作品

------------------

 

上映映画紹介:

 

●『100,000年後の安全』

2009/79/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア/英語/カラー/16:9/ビデオ)

監督・脚本:マイケル・マドセン

配給・宣伝:アップリンク

 

誰にも保障できない10万年後の安全。

放射性廃棄物の埋蔵をめぐって、

未来の地球の安全を問いかけるドキュメンタリー。

 

圧倒的な映像美!

コンセプチュアル・アーティスト、

マイケル・マドセン監督作品。

 

2010年パリ国際環境映画祭グランプリ

2010年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀グリーン・ドキュメンタリー賞受賞

2010年コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭 有望監督賞受賞

  

●『ぶんぶん通信no.1

(2009年/70分/カラー)

 

監督:鎌仲ひとみ

 

「地域を守る人々の意志」

 

千年続く祭り「神舞」が継承される祝島。島の真正面に計画されている上関原発。島の人々は27年間反対を続けて来た。しかし、計画は具体的に迫ってきた。自然と共に生きる人々と地域の暮らしはどうなるのか?

一方、スウェーデンでは電力の自由化が進み、自然エネルギーだけを選択できる仕組みもとられている。スウェーデンでは持続可能な社会をつくる市民の取り組みがすでに始まっている。そこでは環境NGO「ナチュラル・ステップ」が提唱する持続可能になるためのシステム条件が重要な役割を果たしている。

  

「いのちの映画祭」発起人紹介:

 

●中村隆市

 

ウィンドファーム代表。20代から有機農業、環境運動に取り組み、

87年フェアトレード事業を開始。有機農業とフェアトレードの普及で

ブラジル・マッシャード市から名誉市民章受章。ナマケモノ倶楽部世話人。

 

『考える絵本しあわせ』のモデル。スロービジネススクール校長。

六ヶ所あしたの森共同代表。 90年からチェルノブイリ医療支援に関わり、

福島原発事故の後は、東北、関東から避難する人たちの受け入れと

特に子どもたちを放射線から守る取り組みに力を入れている。

posted by Dazee♪ at 22:55| 福岡 ☁| Comment(0) | スロービジネススクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

ワールドカフェ@おかげさまカフェいまここ

P1000847.JPG

おかげさまカフェ「いまここ」
         福岡市中央区高砂1丁目8-8

P1000845.JPG

前から気になっていた「ワールドカフェ」という会議手法。

今日初めて参加してきました。

ワールドカフェ、フェアトレードなどについて語る。

どんな人に会えるのかも楽しみでした。

熊本や長崎からわざわざ来られている方もいました。

始めにウィンドファーム代表の中村隆市さんからフェアトレードについてのお話がありました。

いつ聞いても何回聞いても感動するお話。

P1000846.JPG

中村さんのフェアトレードのお話を受けて「フェアトレードと私たちの暮らし」
について語り合う。

4人づつのグループに別れてテーマについて自由に語りました。
そして自由に紙に書き込んでいくのです。

3つのテーブルでそれぞれ話したら席替えをしてまた語り合う。
そうやって情報を共有して行きます。

最後は、「おかげさまカフェいまここ」のこれからについても話し合いました。

これから、どんどんこのカフェを通じてみんながつながっていけるといいなぁ。

P1000853.JPG

こちらがおにぎりセット 600円なり。
玄米ごはんがもっちもち。お漬物もお味噌汁も体に染み入ります。
(妊婦さん、授乳中のママでも安心して食べられるメニューばかりです。)

P1000854.JPG

ソイカプチーノみかん。

これ冷たいドリンクなんですが、
みかんジュースの酸味と豆乳のフワフワが妙にmatchしてやみつきになりそうでした。

クッキーは、オートミールのクランチ。(私の作品、失礼しまする。)
posted by Dazee♪ at 00:42| 福岡 ☀| Comment(0) | スロービジネススクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

13才の私を新たな電磁波過敏症から救ってください



いま、スロービネススクールで電磁波の冊子を作るプロジェクトに参加しています。

私自身まだまだ勉強不足でこのプロジェクトに関わりながら見えない電磁波の情報を収集している所です。

スクールの中村コーチョーからこんな署名の事実を知りました。

びっくりしました。「要請事由」のところを読んでください。

良かったらご協力お願いします。


ーーーーーーーーーーー以下、転載・転送歓迎ーーーーーーーーーーーー


緊急・署名のお願い「13才の私を新たな電磁波過敏症から救ってください」

いつもありがとうございます。長野県岡谷市の毛利です。

桜の名所、長野県伊那市高遠町に住む13才の女性「みと」さんが、
手書きで書いた要請文です。自己の生存権を守ろうと真剣に立ち向かっている
その姿勢に心動かされました。みとさんを助けてやってください。

3才からの電磁波過敏症のために、携帯電話電磁波が届かないところに転居して
症状も改善して来ていたのに、その転居先の通学路近くに新たな携帯電話基地局
が作られようとしているため、その建設を止めてほしい、という要請文です。

これに、賛同していただける方は、住所・氏名を、毛利までお送り下さい。

転載・転送も大いにお願いします。重複ごめんなさい。

なお、要請文には実名・住所が書かれていますが、私の判断で、
匿名にさせていただきました。
==================================================
毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp
                  http://www.lcv.ne.jp/~mourima/
〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
==================================================

(株)NTTドコモ代表取締役社長様

「コンプライアンス推進委員会」委員長様

(株)NTTドコモ社員の皆様

  要請者  ○○みと
住所 長野県伊那市高遠町○○

「私の通学路のそばにケータイ基地局を建てないでください」
伊那市高遠町○○地籍

  【要請事由】

1999年私たちの家から300mくらいの山にケータイ電話基地局が建ち、
タンポポの奇形が出ました。はじめは面白がっていたのですが、体にも
異常が出始め、お母さんは流産してしまいました。

私はお腹の中がかゆくて、拳で叩きながら泣き叫ぶ事が度々ありました。
お父さんは月に何回か眼痛、頭痛、嘔吐などで寝込んでしまいました。
楽しみにしていた修学旅行も東京タワーになってしまい参加できませんでした。
私は心身ともに不安定になり学校へも行けなくなりました。

2005年世界保健機関WHOは、「電磁波過敏症」を公式認定しましたが
世界中の症例が私たちと同じでした。私は遠視、遠視性乱視、心因性
視覚障害弱視で右0.4左0.3まで落ちてしまいました。

FOMA(第3世代)アンテナが新たにつくと家族全員の体調も急に悪くなり、
ケータイ電話の通じない圏外の山の中に引越しました。すると電磁波という
外的ストレスが軽減されたのか、心因性視覚障害が治りました。

その後、電磁波をカットする布を車内につけたり、ハリ、漢方治療をすると
視力は両眼1.5に回復し、やっと普通の生活に戻れる兆しが見えてきました。

ところが、今度は私の通学路のそばにケータイ基地局が建とうとしています。
そこは子ども達のますつかみ大会など川遊びができる場所のそばです。
WHOは学校遊び場近くに設置する際には、特に配慮するよう呼びかけています。

でも(株)NTTドコモ担当の方は、法的な問題が無ければ着工を進めると
言っています。

「子どもの権利条約」では以下のことがもっとも重要だとしています。
*子どもの心と身体の成長に害を与えるようなものから子どもを守ること(保護)
*子どもが不安をおぼえずに生活できる環境をととのえること(条件整備)
*子どもの声が受け入れられ一緒に考えてもらえるような関係を
大人と子どもの間に築くこと(人間関係)

私は電磁波で体調を崩すので、通学路のそばにケータイ基地局が建つと
とても不安です。
(株)NTTドコモの皆様の誠実なる対応に期待しております。

  【要請事項】

1、私の通学路から500m以内にケータイ電話基地局を建てないでください。
2、私の家、長野県伊那市高遠町○○の場所から半径500mを
携帯電話の圏外エリアとしNTTドコモのサービスエリア外とすること。

以上です。本文は手書きです


・・・・・・・・転送終わり・・・・・・・・
posted by Dazee♪ at 15:02| 福岡 ☀| Comment(0) | スロービジネススクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

SBS田植え合宿

赤村にあるゆっくり村で田植え合宿に参加してきました。

土曜日の夜は、村の集会所に泊まりました。畳に横になると大きな杉の木の屋根。

空気が気持ちいい。すぐそばで湧き水が・・・・。

そこで、昼間に山から採ってきた山菜なんかを使って各自好きなものを作るという
晩御飯作り。

P1000199.JPG

山から抜いてきた筍をむく。

P1000200.JPG

P1000201.JPG

私は、覚えたばかりの重ね煮のお味噌汁と天ぷらをお手伝いしました。

野菜と少しの卵で立派な晩御飯が出来上がりました。乾杯していただきます。

麦酒とか甘酒とか色々出てきました。

みんなちびちびやりながらゆっくりを満喫。

夜23時。(2時間おきに活動してるらしい。)

蛍さんの活動時間と言う事で、起きてるメンバーで蛍を探しに。

ちょっと歩いたところに一匹やっと見つけて満足して戻ろうとしたら沢山の光を発見。

なんとクリスマスツリーのような蛍に出会えました。

久々の生蛍。しかもたっくさん!!感激です。





P1000208.JPG

怪しい・・・・。まずは、苗床から稲の苗を掘り出します。

その前にはるさんのボディワークの最中です。みんな稲になった気分で伸びて伸びて〜!

生憎の天気だったけどお天道様を求めてみました。でもこのワークとーっても気持ちよいのです。

P1000205.JPG

P1000224.JPG

自然農法での苗床は普通の畑に作るのだそうです。

稲に良く似た雑草との仕分け作業に約40分かかりました。

P1000225.JPG

これがお米の苗です。

P1000226.JPG

さぁ。田んぼに運ぶじょ。よいしょよいしょ!

P1000229.JPG

それぞれ役割分担して、作業開始です。

時々雨が降りつつも頑張りました。

そしてお待ちかねのランチタイムは、クリキンディのケータリング。

P1000231.JPG

いつ食べても優しいお味のクリキンディご飯です。(すみません。私は花より団子だなぁと・・・。田植えしに行ってるのに・・。)

P1000242.JPG

ぽとりクッキーもたっくさん!!

稲刈りが合宿も行きたーい!(これもきっと行かれないよね。)

posted by Dazee♪ at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | スロービジネススクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。