2011年07月26日

マヤ新年 あけおめです♪

P1020014.JPG

マヤ暦 新年 明けました。

明けましておめでとうございます。

今年は「白い律動の魔法使い」の年。

2012年のアセンションに向かって宇宙にとって私にとってどんな一年にしますか?

kin109「赤い倍音の月」の年。かわいい男の子が産まれて来ました。

浄化の年に産まれたそらくん。すくすく育っています。

さてさて写真は今年のコズミックダイアリーです。

なんと白いコズミックダイアリー。

手元に届いたとき今までにない洗礼された表紙に感動しました。
(でも可愛いカバーをつけちゃいます。バンビでずっと目をつけていてやっと買ったよ。)


私の大好きなメルマガの一ついのうえはるこさんの「シンクロの種」です。

KIN214 白い律動の魔法使い 
(White Rhythmic Wizard)

 【BOOK of KIN】

  I organize in order to enchant

  Balancing receptivity
  I seal the output of timelessness
  With the Rhythmic tone of equality

  I am guided by my own power doubled

【キンの書(シンクロの種版)】

 
  はじめに、言葉ありき、、。


  この三次元世界で、

  わたしたちは、

  心と心を直接通わせる力を封じてしまいました。


  でも言葉がある

  唄がある

  音がある

  祈りがある



  言葉は空気を震わせ、あなたのハートに響きます


  それを全部受け入れなくていい

  受け止めるだけでいい


  そうやって、わたしたちは

  発信と受信のバランスをとることを覚え、

  唄い方と、受け止め方を覚え、

  愛を深めていきます
  

  いつか直接ハートで話す時に

  びっくりしないように、

  優しくて、暖かくて、強くて、美しいチャント (祈り)を

  ここでいま学んでいるのです


  あなたが今日だれかに送る愛のチャントは、
 
  永遠に宇宙にこだまします



posted by Dazee♪ at 00:31| 福岡 ☁| Comment(4) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

おいで福岡プロジェクト 夏 リトリートしましょ♪

放射能に被爆された細胞も低線量の場所で過ごすと2週間くらいから細胞が活性化されはじめ自己修復が可能なのだそう。
福島から避難してきたママの呼びかけで、福岡のママと仲間達で立ち上がったプロジェクトがいよいよ始動。
 うきはの大自然の中で15日間、リトリート兼ねて滞在する。

施設は、囲炉裏もある素敵な古民家。
川のせせらぎと森の葉音に包まれて過ごすことができます。
うきはは、森林セラピーにも認定される森の中にあります。

放射能デトックスに良いとされる玄米菜食を取り入れながら、川に遊びに行ったり、温泉に入ったり。 

P7222630.JPG

築ウン十年だろう?でもきちんと手入れされています。
お風呂も綺麗。

P7232669.JPG

裏庭です。

P7222646.JPG

シュミレーションに参加してきました。
子供達は、大はしゃぎ。

みんなでカレーを食べて夜は花火に小さなキャンプファイアー。

福島県および福島隣県の方々にお知り合いのあるかた是非教えてあげてください。

それからカンパもよろしくおねがいします。

最新情報はこちらのwebで更新しています。

http://oidefukuoka.com

※※※※※※※※※
以下転載します※※※※※※※※※

〜福岡のママたちと大自然があなたを待ってるよ〜
おいで福岡プロジェクト・夏

夏休みを利用して、福岡市内から車で約 1 時間、果実どころ「うきは市」の山村にいらっしゃ
いませんか?豊かな大自然のなかで、みんなで共助しながら自然と寄り添う暮らしに触れてみ
ましょう。
滞在中のオプションとして、専門分野の講師のサポートによる放射能をデトックスする方法、
玄米菜食、自然療法、自然育児などについて学ぶ機会もあります。
●日程
2011 年8 月9 日(火)〜23 日(火)の全日程を参加できる方
・集合場所(福岡)・時間等は参加者にお知らせします。
●参加費
・滞在費・食費など基本的な生活費は無料です。
・渡航費については、一家族50,000 円をサポートします。
●場所
福岡県うきは市

※問い合わせは「おいで福岡事務局」までお願いします。

●内容
1.玄米菜食を取り入れ、排出しやすい身体を整えます(お米や野菜は地元産)
2.大自然のなかで、のびのびと過ごしていただけます。
3.滞在中の生活に関する家事全般は、みなさんの共同作業になります。
4.共に暮らすことで、知識や知恵の共有を図ります。
5.おいでサポーターや地元サポーターと一緒に、様々な体験ができます。
(ナチュラルおやつ作り、そうめん流し、アロマ、ヨガ、ライブなど)
6.車で温泉などに出かけることも

●注意点
1.滞在中に必要な物で、持ち込めないものは事前に窓口に必ずご相談下さい。
2.託児システムはありません。お子様は保護者の責任下においてご参加ください。
3.保険は団体保険に加入しますが、全てを網羅できるものではありませんので、
必要があれば各自での加入をお願いします。

●募集人数
基本的に母子(応相談)あわせて20 名程度
・複数の家族での共同生活になります。
・福島県民を優先(特に福島市、郡山市、二本松市、本宮市、飯館村、田村郡、伊達郡を優先)

●お申込み方法
おいで福岡プロジェクトのWeb
http://oidefukuoka.com のお申込みフォームにそってお申
込み下さい。
・パソコン用フォームURL
https://ws.formzu.net/fgen/S66183339/
・携帯電話用フォームURL https://ws.formzu.net/mfgen/S66183339/
※返信メールが受信いただけるよう、迷惑メール対策等にご注意ください。
サイトにアクセスが困難な方は、
info@oidefukuoka.com イベント担当までお知らせください。
※電話でのお問い合わせ:080-6401-1229(受信専用)

【主催・事務局】
おいで福岡プロジェクトチーム
Web サイト:
http://oidefukuoka.com
Mail:info@oidefukuoka.com
代 表:森 ゆうか
副代表:なす なおこ
呼びかけ人:あべ めぐみ(福島から避難中)

【共催】
ママは原発いりません
http://mamagen.jimdo.com/
Mother's ACTION
http://mothersaction.jp/
Crescent moon
http://www.crescentmoon-web.org/

【賛同者】
放射NO!子どもたち南の田舎へ「おいでプロジェクト」
http://camp-fire.jp/projects/view/27

【その他】新しい情報はweb サイトにてご覧いただけます。http://oidefukuoka.com

講師による講座開催は、一般募集も行います。
今のところ、下記の講師陣が協力してくださる予定です。

・岡部 賢二さん:
マクロビオティック、陰陽五行と気・血・水の考え方と、深層心理学をとり入れた独自の健
康指導で多くの方を指導している。著書に「マワリテメクル小宇宙〜暮らしに活かす陰陽五行」
(ムスビの会)、「月のリズムでダイエット」(サンマーク出版)、「心とからだをキレイに
するマクロビオティック」(PHP 出版)。1961 年生まれ。趣味は畑仕事。
散歩がてら、『ながいわの郷ムスビレストラン』にも行くことができます。

・藤牧 経乗(ふじまき つねのり)さん
1958 年東京生まれ。大学卒業と同時に米国へ留学。'94 年から米国にてマクロビオティック
の指導と頭蓋仙骨療法の治療を開始。世界・日本各地で「家庭でできる頭蓋仙骨療法」のワー
クショップを行う。現在、福岡に拠点を移し、助産院での治療や、保育園との連携を行いつつ、
福岡、横浜、東京を中心に産婦人科医師、歯科医師、助産師をはじめ一般者向けのワークショ
ップや、妊娠前〜子育て中の女性への講演を行い全国を飛び回っている。

・沼田みよりさん
うきは市在住
色彩ワークセラピーによるメンタルワークのサポート

・西村靖子さん
医師、専門は神経内科。現在は東洋医学を勉強中。子育て中の3児(11 歳、9 歳、4 歳)のマ
マでもある。

うきはや周辺地域には、温泉(ラドン以外)&森林セラピーロード、滝を利用した自然のプー
ルがあります。
posted by Dazee♪ at 22:55| 福岡 ☁| Comment(0) | 宇宙船地球号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

バンビのごはん Nachural*H*Lab

小学校は、終業式でした。

初めての通信簿はオール「よく頑張った」。

2段階評価・・・。なんだかなぁ。

そして先生のコメントもパソコンで打たれていた。

最近は、手書きじゃないんだ・・。これもなんだかねぇ。


そんな水曜日。月一回のお楽しみ。

バンビのごはん   Nachural*H*Lab     開店です。

P7202614.JPG

*バケット with 塩糀キノコのディップ


*塩糀トマトの冷製スープ

*夏野菜のパスタ(フジッリ)

*カボチャのサラダ

*厚揚げのエスカベッシュ

塩麹満載のイタリアン。盛り付けもいつもスタイリッシュ。

P7202625.JPG



*玄米甘酒のプディング

*桜のパウンドケーキ

*黒豆と甘栗の冷やし汁粉

P7202618.JPG

P7202620.JPG

子供たちが泣き出したので続きはまた明日ぁ。
posted by Dazee♪ at 22:55| 福岡 ☁| Comment(0) | cafe・shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

「九州のムラへ行こう vol 14 夏号」とパプリカ

P7182606.JPG
 
新刊を手にした瞬間。

    暴れるマグロを抱えた様に動き出しそうなこの表紙に興奮しました。

あぁ。この夏、我が子どもたちにもこんな体験をさせたい。

その名も「九州自然学校」。

五ヶ瀬自然学校の記事。

「地育」という言葉。

地域の大人、子供、自然が係わりあい。 その風土が出来上がる。

その中で子どもたちは育ち、また次の世代へと続いていく・・・・。

夏休みのイベント案内も沢山載っています。

それにしても、ムラの旨食の写真はたまりません。

竹崎のカニやおにぎりに田楽♪あぁ。民泊に行きたい。夏休みだもん!行かなきゃ♪



特集『九州自然学校』

特集1

“地育”を学ぶ】 宮崎県五ヶ瀬町 「五ヶ瀬自然学校」


【じいちゃんの力】鹿児島県指宿市 オクラ農家・湯ノ口さんご家族 


【森林セラピー】宮崎県日南市北郷町 北郷森林ガイド「いつつの木」

特集2 【ムラたび】

島旅・長崎県壱岐市 ローカル線・肥薩おれんじ鉄道鹿児島編

特集3 【ムラの旨食】

佐賀県太良町「竹崎カニ」、福岡県みやこ町「みやこのお米」、


熊本県阿蘇「高森田楽」など

農家民宿特集「旨い食は民泊にあり」

福岡県朝倉市編「都わすれ」「林邸」「絆」 

定番シリーズ:ムラ三昧、グリーン・ツーリズム便り、ムラコラムなど




P7172602.JPG

デスクが田川の農家さんからいただいたもの。

なんとも立派なパプリカです。 ずっしり、ずっしり実が詰まっています。

色も綺麗。肉厚で本当に甘かったです。

P7172604.JPG

オリーブオイルにニンニクを一つ。香りをつけたらパプリカを入れます。

それからは、あまり混ぜ混ぜしない!というのがコツだとハッちゃんから教えてもらいました。

P7172605.JPG

はい!できあがり!

パプリカとひまわりの種の塩麹炒め

おいしー!ひまわりの種ってお菓子以外に使ったのは初めて!

でもこれは、いける。
posted by Dazee♪ at 23:55| 福岡 ☁| Comment(3) | ムラ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

大豆大豆大豆なカフェ@バンビのごはん

バンビのごはん 福中協 陽だまりホール (福岡市東区社領)

今日は、soying の大豆の恵みタップリのランチでした。

お肉使っていません!!動物性フリーです。
でもでもお肉に見えます。
味もお肉です。

お肉が悪いわけでは決してないのだけど、
お肉を食べるときその牛さんや豚さんを育てるのにどれだけのエネルギーが使われているのか?
そんな事を考えたことありますか?

大豆は、畑のお肉です。

良質の植物性タンパク質。

体にも地球にもやさしいお料理の提案。

P6292570.JPG

          地中海風マリネ               コーヒー十三穀米入り 磯の香りの湯葉ステーキ  味噌汁   or   桃色ご飯   ひじきのトマト和え           黒豆麦茶         赤みその葛きり

           

P6292563.JPG

どう見てもお肉だよねぇ。うちの旦那様は期待を裏切りませんでした♪


P6292565.JPG

きな粉と     お豆腐入り

 大豆ホイップの レアチョコレートケーキ   大豆のかりんと
スポンジケーキ  

 

P6292557.JPG

こちらの3人が作っています。(こっそり後ろから隠し撮り!!NGだったら言ってね♪)



posted by Dazee♪ at 22:55| 福岡 ☀| Comment(2) | cafe・shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

塩麹のポモドーロフレスカ

毎月第三水曜日のバンビのごはん

P6222535.JPG

Natural*H*Lab のランチです。

この日のおメニューは

*塩糀のポモドーロフレスカ
*ガーデンサラダ with 塩糀ドレッシング

*塩糀キノコの玄米グラタン


塩麹のポモドーロフレスカ って何?最初の質問♪ 
ハッちゃん曰く
「フレッシュトマトをふんだんに使ったパスタ。」
だそうです。

トマト缶を使ったものに比べて優しくフレッシュでした。
そしてこのトマトは一つ一つ湯むきして種も取ってある。
すごく手がかかっています。確か40個はやったと。

P6222533.JPG

P6222545.JPG

毎回ながら盛り付けも美味しそう♪

*バケット with 塩糀のグリーンディップ
*豆と野菜の塩糀スープ


P6222547.JPG

このグリーンディップ。何で出来てると思いますか?
なちゅべじちゃんが得意気にこっそり教えてくれました。

はじめ、ジェノヴェーゼっぽく思ったけど味がサラっと柔らかくて
一体何でできてるのだろう?ってお客様も皆さん不思議がっていました。

なんと春菊と小松菜とほうれん草の濃厚な緑です。
でも全然青くさくなく美味しかった。

P6222550.JPG

スイーツ贅沢盛り盛り♪

*黒豆と小豆のパウンドケーキ
*きなこのマフィン
*穀物コーヒーゼリー with ヘーゼルナッツソース


こちらはお持ち帰りのスイーツちゃん達。


P6222526.JPG
 

*おからと米粉のココアケーキ
*米粉のブラウニー
*キャロットケーキ
*オートミール、くるみのチョコチップクッキー


P6222542.JPG

バナナのキャラメルプディング。

今日も楽しく美味しい時間を過ごせました。

次回は、7月20日(水曜)です。

そして翌日21日は塩麹のお料理教室をバンビの木箱で開催予定だそうです。

塩麹体験まだの方は是非ぜひ♪



ご予約、お問合わせは・・・

 ↓↓↓


バンビの木箱
〒812-0068 福岡市東区社領1−2−9 
福中協 陽だまりホール内 バンビの木箱 
Tel: 092-621-1666




 

posted by Dazee♪ at 22:55| 福岡 ☀| Comment(0) | cafe・shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

幕内秀夫さんの講演会オモロー!

幕内秀夫さんに一目会いたいと久々に講演会に。

 しかし、今日は、幼稚園の代休でちびまるとソラBOY2人連れ。
 人気の講演会だったので託児も満員で一緒に参加しました。
バスに3人で乗ってテクテク歩きました。
でも、雨も降っていなかったし、水溜まりに入ったり、ダンゴムシを追いかけたり行き帰りも楽しみました。

随分前から実家に置いてあった「粗食のすすめ」。

 10年以上前、下の妹がアトピーが酷く、脱ステロイドを頑張っていた頃。

母が幕内さんの本やレシピを沢山揃えて日々格闘していました。

マクロビオテック、玄米菜食、・・・。
と色々お料理教室や、勉強会に参加して学んできたけど基本は「ご飯」なんだなぁ。

幕内さんの語り部は、とても面白かったです。

食育界のきみまろやね。

つらつらとピンときたところを。

「子どもの食生活」ー10の提案

@しっかり外あそびをさせよう
A子供の飲み物は、水、麦茶、ほうじ茶
B朝ごはんをしっかり
C子どものおやつは食事
Dカタカナ主食は日曜日のお楽しみ

後半は 、有機や陰陽にこだわったり動物性のことだったり・・・。

大切なのは、前半5項目を実践する事。

でもそれが一番簡単でお金もかからない。

幼稚園児のお弁当もご飯:おかず 8:2 でいい。
もしくはおにぎりだけでもいい。

子供は、白い物、甘いものが好き。
これは、母乳の色と味。
(甘いものといっても芋やご飯の様な自然な甘さ。)

子供にピーマン嫌いが多いのは、「緑」→熟れていない。
→苦い→危険。

という本能が働いている。自分の体を守ろうとしている。
だから無理して食べさせなくていい。

一番、面白かったのは。

お母さんの精神安定剤について。

アルコールもタバコもやらない大人は、甘いお菓子が恋人になっている。

「夜中にチョコレートを食べる女性たち」という本で詳しく書いてあるそう。

アルコールや、タバコ、コーヒーそして甘い甘いお菓子やケーキには
毒(苦味、油)が入っているから心がキュッと癒される。
一種の麻薬のようなもの。だからストレスや不安も解消されたりする。

精神安定剤の甘いお菓子やパンを食べる時は子供が寝てからに!

大人は、目で食べる。子供は、お腹で食べる。 違い。
子供は、お腹がいっぱいになったらあと一口を残したりする。
それって本能なんだね。

でも私は、無くなるまで食べる。
旦那もお皿に盛られた分だけ残さず頑張って食べようとする。

給食のお話。

「カタカナの給食をなくそう!」→「学校給食の完全米飯化!」
 
今の学校給食は、週の半分がパン。
それを米飯にするだけでも、余計な添加物や油から子供を守れる。

まずは、和食中心の給食になる様に働きかけていくこと。

「有機、無農薬、無添加」を求めた給食改善活動は、まずコスト的に無理。

映画「未来の食卓」みたいにはいかないけど、

日本人がずーっと食べてきたお米をしっかり食べることで子供たちの健康は改善されて行く。

我が、粕屋町の給食は月水金が米飯。

原材料に強化米と書いてある・・・。あれは一体何を強化しているのか?

 
posted by Dazee♪ at 22:55| 福岡 ☔| Comment(3) | 食育・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。